自然の様子を【皆で記録】投稿、共有して楽しみませんか?
■行徳野鳥観察舎付近の心動かされた自然の様子を共有しませんか?
■投稿先は■■【minadekiroku@yahoogroups.jp】■■です。
詳細は、2005-12-13投稿の記事をご覧下さい。
【行徳野鳥観察舎友の会/トップ】
http://homepage2.nifty.com/suzugamo/top.html
の掲示板からも投稿する事が出来ます。併せてご覧下さい。

2007年01月31日

ノスリ スタッフ2号さん投稿

本日午後1時半頃、丸浜川対岸の木にノスリがとまって
いました。観察舎正面すぐ近くです。
ちょっと目を離した隙にいなくなりましたが

suzugamo_408_1.jpg

しばらくしてアシの茂みからなにやらガサガサと
動く気配が。岸に上がったところ、カモを捕らえた
様子。最初はオナガガモかと思いましたがどうやら
コガモ(翼鏡が緑だった)♀みたいです。

その後茂みの中に消えていきましたが、しばらく
自分の身体がひっかかって難儀してました。
ちゃんと食べられたのかな?

suzugamo_408_2.jpg

先ほど望遠鏡で覗いてみたところ、ノスリのいた場所には
野良猫が見え隠れしていました。横取りされた?

鶚 2007/02/01(木) 14:46
スタッフ2号さん、みなさん、お久しぶりです。鶚です。
 やはり、やりましたか。ノスリが鴨をつかまえちゃったのね。
 確かに、12月29日に観察舎正面部分の導流堤上空で、様子を見ているノスリは確認してます。そのときは、人が居たからか、何もせず飛んでいきました。もしかして、偵察だったのかな?
 それで、ノスリが狩りをした丸浜川に、今鴨はどうなっているのですか?
少々心配しています。

スタッフ2号 2007/02/01(木) 18:39
たぶん同じ個体と思いますが本日も昨日と同じ木に
とまってました。カモの方は多少気にしているよう
ですが、特に減ったような様子はありません。
カモメ類は導流堤向こうの海面に移っている感じです。

suzugamo_408_5.jpg

スタッフ2号 2007/02/03(土) 17:52
今のところノスリは31日から毎日丸浜川に出ています。
段々近付いているようで、昨日は餌場の魚アラを
つまんでいたとか。本日夕方には野鳥病院前のエノキ
にとまったりしました。

画像は餌場に降り立った時。

suzugamo_408_6.jpg
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月27日

保護区鳥情報1/27 阿呆鳥さん投稿

カイツブリ、カンムリカイツブリ
カワウ
ゴイサギ、コサギ、アオサギ
マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ
ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ
ハイタカ、チュウヒ
キジ
バン、オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
キジバト
カワセミ
ハクセキレイ、タヒバリ
ヒヨドリ
ジョウビタキ、ツグミ
ウグイス、セッカ
シジュウカラ
メジロ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ
スズメ
ムクドリ
カケス、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
ドバト
以上48種

1.今日は風も無くとても暖かい一日でした。小鳥類の確認が多くなりました。
2.保護区では常連の冬鳥、タヒバリを久々に確認しました。毎週のこのカウント以外では確認されていたようでしたが、それにしても今年は少ないようです。
3.サギ類は減少。例年、厳冬期は少なくなります。
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

シロチドリ knotさん投稿

昨日は暖かく風も無かったせいか、小鳥が多く出てきた。今日は風が強く昨日あんなにいた、オオジュリン等の小鳥が少ない。昨日はムナグロが11羽しか見られなかったので再度探しに行く。いつものところはもぬけの殻。かなり見づらい処にいた。対岸のシロチドリも遠いので、新行徳橋を渡って見に行く。河口のハマシギの群れはこのところ見ることができない。午後いい具合に潮がひくため、人が入ってしまうせいだろうか?

SUB:千葉県)江戸川放水路 2007/1/23
【県 名】 千葉県
【市町村】 市川市
【場 所】 江戸川放水路(河口より1キロの地点より新行徳橋まで)
【年月日】 2007年1月23日(火)
【時 刻】 11:00〜14:00
【天 候】 晴
【環 境】 河口・干潟
【観察種】
1.カイツブリ(2)
2.カンムリカイツブリ(4)
3.カワウ(20)
4.ダイサギ(1)
5.コサギ(2)
6.アオサギ(2)
7.ヒドリガモ(80)
8.オナガガモ(300)
9.ホシハジロ(20)
10.キンクロハジロ(16)
11.スズガモ(800)
12.ウミアイサ(2)
13.オオバン(4)
14.シロチドリ(33)
15.ムナグロ(26)
16.ハマシギ(25)
17.イソシギ(5)
18.ユリカモメ(300)
19.セグロカモメ(1)
20.カモメ(1)
21.キジバト(1)
22.カワセミ(2)
23.ハクセキレイ(12)
24.ヒヨドリ(12)
25.モズ(1)
26.ジョウビタキ(2)
27.ツグミ(25)
28.ウグイス(1)
29.シジュウカラ(2)
30.メジロ(6)
31.ホオジロ(2)
32.アオジ(1)
33.オオジュリン(20)
34.カワラヒワ(4)
35.スズメ(80)
36.ムクドリ(60)
37.ハシボソガラス(2)
38.ハシブトガラス(4)
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

保護区鳥情報1/21 阿呆鳥さん投稿

カイツブリ、カンムリカイツブリ
カワウ
ダイサギ、コサギ、アオサギ
マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ
キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ
オオタカ、ハイタカ、ノスリ、チュウヒ
バン、オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
キジバト
カワセミ
ハクセキレイ
ヒヨドリ
ジョウビタキ、アカハラ、ツグミ
ウグイス
シジュウカラ
メジロ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ
スズメ
ムクドリ
オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
ドバト
以上46種

1.猛禽がたくさん出ています。オオタカ、ハイタカ、ノスリ、チュウヒ、どれも複数個体いるようです。
2.カモ類は種類はそこそこですが、個体数は少ないです。今日はホシハジロが見られませんでした。続きを読む方はここをクリック!
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

パブリックコメント募集中 スタッフ2号さん投稿

昨年6月から行われてきた行徳近郊緑地(保護区のこと)
市民懇談会のパブリックコメントが募集され始めました。2月11日まで。

意見を提出できるのは
・市内に住所を有する人
・市内に事務所、事業所を有する個人、法人等
・市内に通勤、通学している人
・その他、案件に利害関係を有するもの

詳細はこちら
http://www.city.ichikawa.chiba.jp/env/nature/gyotoku/index.html
行徳近郊緑地の市民利用促進施策に関する提言書(PDF 618KB)
http://www.city.ichikawa.chiba.jp/env/nature/gyotoku/pdf/proposal.pdf
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

<【保護区三十六景】「すずがも通信」表紙原画展開催>

 行徳野鳥観察舎友の会の会報「すずがも通信」の表紙を長年に渡り書き続けてきた「さんしのごい」さん

DSCF5354_R.jpg

が、6年以上に渡り描き上げた「保護区三十六景」の表紙原画を一挙に公開いたします。

DSCF5355_R.jpg

 「保護区三十六景」は、もちろん「葛飾北斎作−富岳(ふがく)三十六景」と「保護区(ほごく)」をもじったもので、作者の「さんしのごい」さんのユニークな性格を端的に現しています。
 原画は保護区内から見える印象的な風景をメインにしており、一度でも入った事がある方には、お馴染みの風景が多数あります。

DSCF5356_R.jpg

 また、保護区の将来像や夢の風景、傷病鳥舎なども交えた絵も多く、鳥に対する深い愛情、洞察力や独特の駄洒落など、幻惑的な雰囲気をかもし出しています。
 行徳野鳥観察舎一階展示室にて3月末頃(時期未定)まで開催予定です。
 お立ち寄りの際は、ぜひご覧下さい。
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

2007年1月14日(日)新浜観察会鳥合わせリスト

今回の見所【其の一】
春の気配
DSCF5329_R.jpgDSCF5328_R.jpg

今回の見所【其の二】
群れスズメ
DSCF5330_R.jpg


SUB:千葉県)新浜観察会 2007/1/14
【県 名】 千葉県
【市町村】 市川市
【場 所】 江戸川放水路・行徳鳥獣保護区内周辺
【年月日】 2007年1月14日(日)
【時 刻】 10:30〜15:20
【天 候】 快晴/強風、北西
【環 境】 河口・干潟・湿地
【観察種】前の数字が計数()内は保護区
1.10(5)カイツブリ
2.13(7)カンムリカイツブリ
3.1014(1000)カワウ
4.1(1)ゴイサギ
5.4(3)ダイサギ
6.9(5)コサギ
7.20(20)アオサギ
8.29(20)マガモ
9.10(10)カルガモ
10.91(60)コガモ
11.50(50)オカヨシガモ
12.278(10)ヒドリガモ
13.157(100)オナガガモ
14.31(30)ハシビロガモ
15.31(20)ホシハジロ
16.20(5)キンクロハジロ
17.657(80)スズガモ
18.1(1)ミコアイサ
19.9(0)ウミアイサ
20.1(1)オオタカ
21.1(1)ハイタカ
22.3(3)ノスリ
23.3(1)ハヤブサ
24.1(1)キジ
25.2(2)バン
26.29(15)オオバン
27.15(0)ムナグロ
28.27(0)ハマシギ
29.9(2)イソシギ
30.487(150)ユリカモメ
31.124(120)セグロカモメ
32.13(10)キジバト
33.2(2)カワセミ
34.1(1)アカゲラ
35.1(0)ヒバリ
36.13(5)ハクセキレイ
37.7(5)タヒバリ
38.97(80)ヒヨドリ
39.3(2)モズ
40.5(2)ジョウビタキ
41.3(2)アカハラ
42.5(5)シロハラ
43.41(20)ツグミ
44.3(3)ウグイス
45.1(1)セッカ
46.5(5)シジュウカラ
47.54(50)メジロ
48.24(20)アオジ
49.33(30)オオジュリン
50.28(25)カワラヒワ
51.2(2)ベニマシコ
52.5(5)ウソ
53.2(1)シメ
54.288(50)スズメ
55.203(70)ムクドリ
56.1(1)カケス
57.5(5)オナガ
58.4(3)ハシボソガラス
59.7(5)ハシブトガラス
番外246(30)ドバト

続きを読む方はここをクリック!
タグ:新浜観察会
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

保護区鳥情報1/13 阿呆鳥さん投稿

カイツブリ、カンムリカイツブリ
カワウ
ダイサギ、コサギ、アオサギ
マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ
ホシハジロ、、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ
オオタカ、ノスリ、チュウヒ
オオバン
ユリカモメ、セグロカモメ
キジバト
ハクセキレイ
ヒヨドリ
モズ
ツグミ
ウグイス
シジュウカラ
メジロ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
カワラヒワ、ベニマシコ
スズメ
ムクドリ
オナガ、ハシブトガラス
ドバト
以上41種

1.今冬は暖かいですね。それでも今日は少し冷えたようです。カモメ類の数が増えているようです。
2.ミコアイサ♂1羽、♀1羽。(長靴池)
3.おそらく猛禽類によるゴイサギなどの食痕。(ゆりが浜沿い観察路)
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コチドリ knotさん投稿

今年は暖かいせいかコチドリがもういた。脚は肉色と黄色の中間。アイリングははっきり、胸の前帯も比較的はっきりしている。
久しぶりにシロチドリがいた。午後早くは干潟が出ていなかったので、夕方までねばり河口に行ってみると案の定干潟が出ていた。ハマシギの群れが飛んできた。
SUB:千葉県)江戸川放水路 2007/1/13
【県 名】 千葉県
【市町村】 市川市
【場 所】 江戸川放水路(河口より1キロの地点より新行徳橋まで)
【年月日】 2007年1月13日(土)
【時 刻】 13:00〜17:00
【天 候】 晴
【環 境】 河口・干潟
【観察種】
1.カイツブリ(2)1
2.カンムリカイツブリ(3)
3.カワウ(15)1
4.ダイサギ(1)1
5.コサギ(3)1
6.アオサギ(4)1
7.コガモ(30)1
8.ヒドリガモ(81)2
9.オナガガモ(170)2
10.ホシハジロ(6)2
11.キンクロハジロ(6)2
12.スズガモ(400)2
3.オオバン(16)
14.コチドリ(1)
5.シロチドリ(16)
6.ムナグロ(25)
7.ハマシギ(295)
8.イソシギ(6)
9.ユリカモメ(300)
0.セグロカモメ(2)
1.キジバト(1)
2.ハクセキレイ(8)
3.ヒヨドリ(40)
4.ジョウビタキ(2)
25.ツグミ(30)
26.ウグイス(2)
27.メジロ(5)
28.オオジュリン(1)
29.カワラヒワ(6)
30.スズメ(80)
31.ムクドリ(60)
32.オナガ(4)
33.ハシボソガラス(4)
34.ハシブトガラス(6)
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講演案内 スタッフ2号さん投稿

1月13、14日と20日、21日は自然観察案内人養成講座学習編の公開講座となっています。興味のある方はどなたでも参加できますので是非お越し下さい。

各回とも午前10時〜正午過ぎ、野鳥観察舎1階視聴覚室

suzugamo_394_1.jpg
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

トビとカラス knotさん投稿

今日もクイナがお尻を振り振り歩いていった。嘴も赤く、わき腹の横班もはっきりしてきれい。
グラウンドでトビが何か赤いものをつかんでいる。周りを8羽のハシブトカラスが取り囲んで追い回している。我慢できずにトビが落とした獲物を見るときれいなユリカモメ。ハシブトカラスの半数の4羽がその獲物を食べ、半数の4羽はトビをけん制している。さすがチームプレイ。
SUB:千葉県)江戸川放水路 2007/1/11
【県 名】 千葉県
【市町村】 市川市
【場 所】 江戸川放水路
【年月日】 2007年1月11日(木)
【時 刻】 13:00〜15:30
【天 候】 晴
【環 境】 河口・干潟
【観察種】
1.カイツブリ(2)
2.カンムリカイツブリ(8)
3.カワウ(20)
4.ダイサギ(1)
5.コサギ(7)
6.アオサギ(6)
7.マガモ(7)
8.コガモ(61)
9.ヒドリガモ(80)
10.オナガガモ(140)
11.ホシハジロ(6)
12.キンクロハジロ(14)
13.スズガモ(400)
14.ウミアイサ(2)
15.トビ(1)
16.クイナ(1)
17.オオバン(12)
18.ムナグロ(21)
19.ハマシギ(93)
20.イソシギ(4)
21.ユリカモメ(500)
22.セグロカモメ(8)
23.キジバト(1)
24.ハクセキレイ(20)
25.ヒヨドリ(90)
26.モズ(2)
27.ジョウビタキ(3)
28.ツグミ(40)
29.ウグイス(2)
30.メジロ(10)
31.ホオジロ(1)
32.オオジュリン(2)
33.カワラヒワ(15)
34.スズメ(80)
35.ムクドリ(60)
36.オナガ(9)
37.ハシボソガラス(6)
38.ハシブトガラス(10)
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

保護区鳥情報1/7 阿呆鳥さん投稿

カイツブリ、カンムリカイツブリ
カワウ
ダイサギ、コサギ、アオサギ
マガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、オナガガモ、ハシビロガモ
ホシハジロ、、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ
オオタカ、ノスリ、チュウヒ
オオバン
イソシギ
ユリカモメ、セグロカモメ
キジバト
ハクセキレイ
ヒヨドリ
モズ
ジョウビタキ、ツグミ
ウグイス
シジュウカラ
メジロ
ホオジロ、アオジ、オオジュリン
カワラヒワ、ベニマシコ、ウソ
スズメ
ムクドリ
ハシブトガラス
ドバト
以上42種

1.今日は晴、強い風でした。猛禽類がたくさん出ました。オオタカ、ノスリは2羽づつ、チュウヒもおそらく2羽、同じ時間内にハイタカらしい個体も見られています。
2.ミコアイサ♂1羽、♀1羽。(長靴池)
3.冬の常連ジョウビタキ、今年はあまりお目にかかりませんが久々に1羽確認できました。(小島岬付近)

続きを読む方はここをクリック!
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

まちなかの自然観察 in 行徳

埋め立てられて40年。行徳のまちなかにもおもしろい樹木や自然スポットが育っています。
散歩のついでにいっしょに発見しませんか。

指導・案内 高野史郎(自然観察指導員・市川市自然環境課嘱託)
第1回目は「みどりの国」の樹木や福栄スポーツ広場方面を見ながら歩きます。
植物に強い高野さんの解説つきお散歩。贅沢ですよっ。どうぞお楽しみに。

☆2月以降は毎月第2土曜日に「1年間」実施の予定。以後は始めてから考えます。

詳細は、友の会行事予定

Yahoo!カレンダー
http://calendar.yahoo.co.jp/YYY,6eb30e/srt,0/tomonokaiyotei/?v=42&POS=

または、

Yahoo!ボランティア - イベント、セミナー内容
http://volunteer.yahoo.co.jp/event/detail/1/2007/12/0009.html

をご覧下さい。
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

定例平日観察会は、こんな観察会です!

鈴木裕子さんの解説で保護区内をまわる定例平日観察会に参加して来ました。

集合時間丁度についたのですが、既に、観察舎の2階で双眼鏡の見方についての講習が始まっていて、かなり丁寧な初心者向けのお話があって、好感が持てます。双眼鏡は、貸出しを行っているので、双眼鏡を持っていない方でも、ぜひ起こし下さいませ。

DSCF5234_R.jpg

また、観察舎外にでて双眼鏡と望遠鏡の違い、見方についても少し講習をして、観察舎前の丸浜川の餌やり場へ向かいました。足元近くには、繁殖羽になったカワウがいて、驚くほど美しくビックリしてしまいました。いつも「眼の虹彩(こうさい)がエメラルドグリーンで美しい」と宣伝していて、観察会でもご覧頂いているのですが、その眼の周りに瑠璃色の破点がみられ、この美しさにも驚いてしまいました。

DSCF5242_R.jpg

また、カモメの仲間、サギの仲間の説明があり、これから先が楽しみです。

保護区入り口

DSCF5245_R.jpg

で参加者の方の知り合いの方がたまたま通り掛り飛び込みで観察会へ参加、この方が鳥の予備知識も双眼鏡も無いにもかかわらず、眼が良いのか鳥を良く見つけて下さって、場を盛り上げて下さいます。他に赤いカラスウリなど植物にも眼が向きます。

DSCF5243_R.jpg

トウネズミモチの実は、いつもならば、まだかなり残っているはずなのに、今年はあらかた鳥に食い尽くされていてこれから、一番食料の少ない時期を迎える鳥に少し同情してしまいます。保護区に入るといきなり今日のスター、カワセミ君が登場してくれます。道流提の上にとまって皆で双眼鏡と望遠鏡で観察。飛び去る様も美しくヒスイ色が際立ちました。

DSCF5246_R.jpg

しばらく道を進むともうとても市川市とは思えない葦や藪、笹に囲まれた別世界に、鴨場の笹は人の気配を消すために植えられた人気除けの笹だという話をしていたらいきなり「ウソよ!」と絶妙のタイミングで言われ、皆でなにが嘘かとギョッとしていると鳥のウソが出現、なかなか冗談のような展開ですが、面白かったです。今年は山の小鳥が多めに里に下りてきているようで、小鳥が楽しめます。また、カケスの声も聞かれました。

また、マサキの美しい赤い実

DSCF5251_R.jpgDSCF5249_R.jpg

を眺めつつ深い竹林に突入、繰り返しですが、市川市とは思えない別世界に皆さん驚いていました。

DSCF5247_R.jpg

竹やぶを抜けた池では、白鷺の仲間、ダイサギ

DSCF5255_R.jpg

が優雅に歩いていますが、そこへいきなり黒い影が横切り池の島の桜の木の上に鷹斑(たかふ)模様が美しいオオタカ(若鳥)が登場です。葉の無い木なので、姿が良く見え双眼鏡で、皆さん熱心にご覧になっています。眼の黄色い色までしっかりと見る事が出来ました。

DSCF5254_R.jpg

保護区の中の池では水車のまわっている池があり、保護区内の水系についての説明があり、保護区内の水は基本的にはドブの水ですが、そこに酸素と光を入れてると水の栄養を生き物が食べて、それをさらに鳥が食べて食物連鎖が作られて水が綺麗になっていくと言う簡単なお話があり皆で聞き入りました。

DSCF5259_R.jpg

またカモは夜行性で今は居ないが夜にカモが来ていて、ホテイアオイをかじっていると言う説明も面白かったです。

DSCF5260_R.jpg

その池の一部は、田んぼになっていて、稲が水の浄化に役立ったり多くの稲は鳥の餌になっていて、更に稲藁でしめなわ作り、わらじ作りもイベントで行われている話、収穫際も毎年行われている話などが、印象的でした。

DSCF5256_R.jpg

また、普段あまり数を見ないスズメが、大きな群れになってザワザワと動いているのも印象的でした。

少し遠くに見える木々には、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリとスズメより大きめの鳥が目立ち、双眼鏡にたやすく入れる事が出来ました。ツグミは、眉の白い線、ヒヨドリはほっぺの赤い部分、ムクドリは、くちばしと足のオレンジ色が話題になりましたが、ムクドリは、夜になると行徳駅前に大勢でたむろしている事を皆さんご存知で、なぜ保護区で寝ないのかと言う話しになりましたが、オオタカや他の猛禽類が多く居る場所では安心して眠れない、むしろネオンの明かりのある場所の方が襲われる事も無く安全なのだという話しが聞けました。ちなみに、12月に入ってから行徳駅前のムクドリの塒(ねぐら)は解消しているようです。

築山に登ると景色が良く色々な物が見えてきます。まず対岸のカワウの営巣地

DSCF5264_R.jpg

ですが、絶滅寸前からの復活、分散を防ぎ共生していくためのカワウヤグラの話しをしていると猛禽類のノスリが、カラスに追いかけられながらやってきました。そして木に止まると皆でゆっくりと眺める事ができました。反対に望遠鏡を向けて見ると、なんとここでも、ノスリが木の天辺に止まって居ます。さらに、遠くでは、先ほど見たオオタカが勢い良く飛び去って行きます。さらに、さらにノスリが別の木の上に止まり、猛禽類が大サービスで心行くまで堪能できました。

帰り際、水深の深い池には、ミコアイサ

DSCF5267_R.jpg

と言うカモの仲間が見られ、そのオスは、別名「パンダガモ」と呼ばれれていてジャイアントパンダに似た白黒模様が楽しく(写真右前)この鳥のメス(写真左)は、地味なのですがなんとなく色合いが「レッサーパンダ」に似ているので「レッサーパンダガモ」と名付けて呼んで居ます。(中央、右後はホシハジロ)色々な種類がいるものですね。

出口までの帰り道、タヌキの足跡

DSCF5271_R.jpg

を見つけたり、まだまだエキサイティングな事が沢山ありましたが、これらを体験しに、是非皆さんも観察会へご参加下さい。

毎回同じ物が見られるわけではありませんが、季節を変えて何度も参加して見るとまた、異なった自然の一面に触れる事ができて、色々な表情を見たくなる事でしょう。

土日は忙しくてなかなかいらっしゃれない方も、平日ならば、安心していらっしゃれるのではないでしょうか?是非、定例平日観察会においで下さいませ!
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

酔っ払いの三番瀬報告

SUB:千葉県)船橋市 2007/1/1
【県 名】 千葉県
【市町村】 船橋市
【場 所】 三番瀬船橋海浜公園
【年月日】 2007年1月1日(月)
【時 刻】 14:30〜15:30
【天 候】 晴/無し
【観察者】 行徳野鳥観察舎友の会有志
【環 境】 干潟
【観察種】
1.ハジロカイツブリ
2.カンムリカイツブリ
3.カワウ
4.ダイサギ
5.コサギ
6.ヒドリガモ
7.オナガガモ
8.ホシハジロ
9.スズガモ
10.ビロードキンクロ
11.ホオジロガモ
12.ウミアイサ
13.ミサゴ
14.オオバン
15.ミヤコドリ
16.シロチドリ
17.ダイゼン
18.ヨーロッパトウネン?
19.ハマシギ
20.ミユビシギ
21.イソシギ
22.ダイシャクシギ
23.ユリカモメ
24.セグロカモメ
25.キジバト
26.ツバメ
27.ハクセキレイ
28.タヒバリ
29.ヒヨドリ
30.ツグミ
31.メジロ
32.アオジ
33.スズメ
34.ムクドリ
35.ハシボソガラス
36.ハシブトガラス
番外.ドバト
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初日の出とスズガモの群れを見る会鳥類リスト

SUB:千葉県)市川市 2007/1/1
【県 名】 千葉県
【市町村】 市川市
【場 所】 市川側三番瀬−行徳保護区
【年月日】 2007年1月1日(月)
【時 刻】 6:50〜9:00
【天 候】 晴/風なし
【観察者】 行徳野鳥観察舎友の会
【環 境】 干潟、湿地
【観察種】
1.カイツブリ
2.ハジロカイツブリ
3.ミミカイツブリ
4.カンムリカイツブリ
5.カワウ
6.ゴイサギ
7.ダイサギ
8.コサギ
9.アオサギ
10.マガモ
11.カルガモ
12.コガモ
13.オカヨシガモ
14.ヒドリガモ
15.オナガガモ
16.ハシビロガモ
17.ホシハジロ
18.キンクロハジロ
19.スズガモ
20.ホオジロガモ
21.ミコアイサ
22.ウミアイサ
23.ハイタカ
24.ノスリ
25.チュウヒ
26.キジ
27.バン
28.オオバン
29.イソシギ
30.ユリカモメ
31.セグロカモメ
32.キジバト
33.カワセミ
34.アカゲラ
35.ハクセキレイ
36.タヒバリ
37.ヒヨドリ
38.モズ
39.ジョウビタキ
40.アカハラ
41.シロハラ
42.ツグミ
43.ウグイス
44.シジュウカラ
45.メジロ
46.ホオジロ
47.アオジ
48.オオジュリン
49.カワラヒワ
50.ベニマシコ
51.ウソ
52.シメ
53.スズメ
54.ムクドリ
55.カケス
56.オナガ
57.ハシボソガラス
58.ハシブトガラス
番外ドバト
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

謹賀新年

suzugamo_387_1.jpg

今年もよろしくお願いします。
写真は今日の初日の出とスズガモの群れを見る会。
30人程が参加。

suzugamo_387_2.jpg

スタッフ2号 2007/01/04(木) 19:54
本日より通常開館となります。
写真は元旦の初日の出を観察舎から撮影したもの。
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初日の出とスズガモの群れを見る会1月1日(祝)

hinode-map2.jpg初日の出とスズガモの群れを見る会
1月1日(祝)

集合:6:30 行徳塩浜海岸(地図参照)
主催:行徳野鳥観察舎友の会
交通:JR京葉線市川塩浜駅から徒歩約15分(東西線行徳駅からは駅前の道を直進、徒歩約30分)
* 集合の目印は「友の会の青い旗」です。

一年の始まりは、行徳名物スズガモの大群で。
初日を見たあと、保護区を通って観察舎まで歩きます。
観察舎では、おしるこ・豚汁も。
お問合せは、友の会(047-397-1175)まで。
7:00ごろから、保護区内を巡る観察会を、別途、開催する予定です(集合は観察舎)
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。