自然の様子を【皆で記録】投稿、共有して楽しみませんか?
■行徳野鳥観察舎付近の心動かされた自然の様子を共有しませんか?
■投稿先は■■【minadekiroku@yahoogroups.jp】■■です。
詳細は、2005-12-13投稿の記事をご覧下さい。
【行徳野鳥観察舎友の会/トップ】
http://homepage2.nifty.com/suzugamo/top.html
の掲示板からも投稿する事が出来ます。併せてご覧下さい。

2007年08月25日

明日のボランティアデー作業 スタッフ2号さん投稿

水車池に繁茂したホテイアオイを長靴池に投入する
作業をやってもらう予定です。人数等によって変更する
ことがあります。

suzugamo_710_1.jpg
posted by 古樹恵(♂) at 00:00| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観察記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホテイアオイを移す

8月22日(水)午後13時半位から15時半位まで、ホテイアオイを長靴池に移すボランティアを観察舎の方と二人でさせていただきました。

ホテイアオイの根にはザリガニが住んでいて、水揚げしたホテイアオイを長靴池に放ると、大八車にえびがピチピチ。ザリガニ親子でした。後ずさりして車から落ちます。助けようと手を伸ばすと、でかいザリガニから『チョキン!』と指先を切られ、反撃されてしまいました。

普段あまり体を動かしてこなかった私は、すぐに「ハア、ハア、」と息があがり、なんとか10往復、池と池とをしました。ちょっとハードなダイエットとなりました。付きあっていただいた舎の方ありがとうございました。

長靴池のアオコを取るためにホテイアオイを移すとのことでしたが、アオコの原因の栄養素を浄化するには外来種に頼るのではなく、浄化槽とか、人間の工夫が必要では?と思いました。ここの自然の自浄作用では、家庭雑排水の汚れは取りきれないのでアオコが発生するのでしょうから、自然の力でと言いつつ外来種を用いるよりも、人間の技術を導入したほうが自然にやさしいと思います。窒素だけでなくリンも取るにはヤクルトの容器をバクテリアの住処に用いた浄化装置を使えばできると聞いたことがあるのですが検討してみてください。
ヤクルト 浄化 で検索すると何件か紹介しているサイトもあります。本は合同出版の「浄化槽革命」というものがあるそうです。装置を手作りで出来ればと考えています。

またボランティアに参加したいと思います。よろしくお願いします。
Posted by うし君 at 2007年08月28日 09:03
先日は暑い中の作業お疲れ様でした。
今年はやたらと増えたホテイアオイの除去を兼ねて移動をしてもらいました。ホテイアオイは冬場にカモの餌となったり残った分は引き上げて堆肥に使うなど水質改善以外にも利用しています。今夏は水源の池から既にアオコが出ているのでもっと何とかしたいところです。

ヤクルトろ材は面白そうですね。情報ありがとうございます。今後検討していこうと思います。

作業の手伝いやアイデア等々今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by スタッフ2号 at 2007年08月28日 09:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。